An Official History of Scouting
―― スカウティング正史 ――


 英国スカウト協会がスカウティングの100周年を記念して出版した「An Official History of Scouting」を入手しましたので、その一部を訳してみました。スカウティングの経緯、世界での展開をまとめ、紹介、論評したものです。先人の意気込みや、スカウティングが世界に及ぼした影響や成果、この先の展望等を読み取ることができます。私たちが行っているスカウト運動が、私たちにとってどのような意義があるのか、それを振り返るのにとても参考になる文献と思いました。
 ボーイスカウト創始者ロバート・ベーデン-パウエルのお孫さんのロバート・ベーデン-パウエル卿(現英国スカウト協会副総長)が、この本の序文を書いています。

An Official History of Scouting

2006
The Scout Association



This is an official account of how the Scout Movement became a global phenomenon. Starting with Baden-Powell's early life and influences, through to the first camps, publication of Scouting for Boys and the development of the Cubs and Rover Scouts, this is the fascinating story of an organization that has brought opportunities, fun and enduring friendships to so many young people around the world.

Containing previously unpublished images from the archives of The Scout Association, the book includes rare photography of the experimental camp on Brownsea Island.

This is a unique insight into how the Movement developed in different countries and highlights the valuable work done by Scouts across the globe.



スカウティング正史

2006
英国スカウト協会



これは、スカウト運動が、どのようにグローバルな事象になったかの、公式な記述です。ベーデン-パウエルの、初期のいきざまと影響から始まり、最初のキャンプ、スカウティング・フォア・ボーイズの出版、カブとローバー・スカウトの発展など、世界中の多くの若者に、楽しく永遠の友情を築く機会をもたらした組織の、魅力的な話です。

この本には、英国スカウト協会のアーカイブから、ブラウンシー島の実験キャンプの未発表の貴重な写真が含まれています。

これは、運動が、各国でどのように発展したかについての独特な洞察であり、世界中のスカウトによって行われた貴重な作業を強調しています。


“This book celebrates 100 years of adventure. I am always amazed at Scouting's achievements - in public life, promoting peace, our roles in health projects, in disaster relief and reconstruction. I am equally hopeful for the future. This is a world story and the story continues!”

Peter Duncan, Chief Scout of the United Kingdom

“この本は、100年の冒険への祝福です。私は、公共生活、平和の促進、健康プロジェクトにおける私たちの役割、災害救助、および復興においてのスカウティングの業績に、いつも驚嘆しています。私は将来も同じように期待しています。これは世界の物語であり、その物語は、なおも続きます!”

ピーター・ダンカン、英国チーフスカウト

Foreword

 I am delighted that the theme of Scouting's centenary year is peace; my grandfather spent much of his life dedicated to creating what he called 'an international desire for peace on the part of the people themselves". What's more, he knew that young people were the key. How could scouts who have shared a meal at a jamboree, enjoyed activities together and exchanged neckerchiefs take up arms against each other? Of course, he was an optimist; he knew that the world was a complicated place - but he also knew that friendship among young people and a common set of values formed a solid basis for mutual understanding.

 As I leaf through the pages of this book, I am still incredibly proud of his achievement and not a little astonished. When I hear the numbers again - 28 million scouts in 216 countries - still find it hard to believe that he really was behind it all - and this not to talk of the parallel success of the Guide Movement, which he also conceived. He was a man with a particularly broad sort of vision, who himself liked to remind people to 'kick the "im" out impossible'. He was not afraid to be different and encouraged young people to be just as brave. He was a great advocate of the power of believing in yourself and that's a message I would commend to all those who are reading this.

 It sounds odd, but what encourages me most about this story of scouting is that it is incomplete. In many parts of the world, scouting is still growing at the same phenomenal rate as it did in its earliest days. More young people than ever are getting their first taste of adventure, leadership and responsibility through the Movement. As a non-political. organization, it is bringing together diverse communities and providing opportunities for those from the poorest backgrounds.

 Our members get involved in environmental and community projects and provide activities for those with special needs, as well as taking part in major international projects. In India, Scouts and Guides have been working together on health projects to screen more than a million children for leprosy. In Africa, scouts have taken responsibility for the peer-education programme on HIV and AIDS.

 This is something that has to be encouraged-Scouts playing a full and active part in their communities, tackling real issues and showing strong leadership, initiative and citizenship. Here in the UK, scouting is helping to bridge divided communities - whether it is in crossing sectarian divides or bringing together inner-city communities with large ethnic minorities. Because membership is open to all, regardless of age, colour, economic background or religion, scouting has a genuinely healing effect, scouts see themselves as Scouts first and foremost.
序  文

 スカウティング100周年のテーマが平和であることを嬉しく思います。私の祖父は、「人々自らによる平和のための国際的志願」と呼ばれるものの創造に専念し、その人生の多くをそのために過ごしました。さらに、祖父は、若者がキーであることを知っていました。ジャンボリーで食事を分かち合ったスカウトたちは、一緒に活動を楽しんだり、ネッカチーフを交換したり、お互いに腕を振ったりすることが、はたしてできたでしょうか? もちろんです。祖父は楽観主義者でした。彼は世界が複雑な状況であることを知っていましたが、若い人たちの友情と共通の価値観が、相互理解のための強固な基盤を形成していることも知っていました。

 私は、この本のどのページを見ても、祖父の業績について、今なお信じられないほど誇りに思うと共に、その驚きは少しばかりではありません。数字をもう一度聞くと ― 216か国で2800万のスカウト ― ここから今なおすべてにおいて彼が真に背景にあることを硬く信じていることを見出します ― これは彼が別に想起したガイド運動の並行の成功を語るものではありません。 彼は、とりわけ広い範囲のビジョンを持つ男であり、人自ら「不可能を一蹴する」ことを想起させることを好んで行いました。彼は異を恐れず、若者に、まさに勇敢たれと励ましました。彼は自分自身を信じる力の偉大な主張者であり、それは、これを読んでいるすべての人に対して称賛する私のメッセージです。

 奇妙に聞こえるかもしれませんが、スカウティングのストーリーについて、私が最も推奨する点は、それが未完成であるということです。世界の多くの地域で、スカウティングは初期の時代と同じように、未だに驚異的な速度で成長しています。これまで以上に多くの若者が、この運動を通して、冒険、リーダーシップ、そして責任ということの最初の体験を味わっています。非政治家として、多様なコミュニティを結集し、最貧困層の人々のための機会を提供しています。

 私たちのメンバーは、環境や地域社会のプロジェクトに参加し、特別なニーズを持つ人々のための活動を提供し、主要な国際プロジェクトに参加しています。インドでは、スカウトとガイドは、ハンセン病の100万人以上の子供をスクリーニングするために、健康プロジェクトについて協力してきました。アフリカでは、スカウトがHIVとAIDSに関するピア・エデュケーション・プログラムを担当しています。

 これは発奮したスカウトであればなさねばならないことであり、それは地域社会に完全かつ積極的に参加し、真の問題に取り組み、強力なリーダーシップ、イニシアチブ、市民権を発揮することです。ここ英国では、スカウティングは、分断されたコミュニティの橋渡しを助けています ― それは宗派間の分断を横切り、また多くの少数民族の人々を街中のコミュニティに呼び入れるということにおいてです。それは、メンバーシップは、すべてに開かれ、年齢、肌色、経済的背景、宗教に関係なく、スカウティングは真に治癒効果があるからです。スカウトはまずスカウトとして自分自身を見ているからです。
 When my grandfather set about creating a programme for young people, he didn't lock himself away in a room. He knew that if he was going to inspire and motivate the youth of his day, he would need to spend time with them, get to know them - and this is exactly what he did. Those who met him speak of his unique ability to connect with people, put them at their ease and make them feel valued. Most tellingly, they speak of his ability to listen. Those who have read any of his inimitable writings will already be familiar with his humorous, surprising and slightly conspiring tone of voice - never patronizing and always full of fun.

 On Brownsea Island in August 1907, he gathered together a small band of boys, devised a demanding timetable of activities - and of course, he made sure it happened entirely outdoors. He was a great lover of nature and shared with young people his delight in the world around him. He had learned a thousand wonderful things as a soldier- tracking, knotting, the study of animals, the identification of birds, plants and stars - and he wanted to pass all of this on. Get to know and respect the natural world, he seemed to be saying, and you'll get more out of life.

 Enjoy the stories in this volume - the triumphant jamborees, the dark years of the two world wars and the great projects going on today. You'll get to know my grandfather and learn about the key people and moments that brought the Scouting phenomenon into being. But let me leave you with this: my grandfather would be the first to say that Scouting was not his Movement. It belongs to everyone who has ever played a part in it and who has cared enough about young people to give them the chance to shine.

 Across the world, and in all walks of life, there are people who owe their values and positive outlook on life to Scouting. If you're not one of them already, all I ask is that you find out more - it's never too late to be a Scout.


   Robert Baden-Powell
    3rd Baron Baden-Powell of Gilwell
    Vice-President of The Scout Association

 私の祖父がそのような若者のためのプログラムを作ろうと決心したとき、彼は自分の部屋を飛び出しました。彼は、今日の若者に刺激を与え、動機づけしようとすれば、その若者らと時間を過ごす必要があり、それを通していろいろなことを知る必要があることを知っていました。彼と出会った人は、人々を安心させて、価値あるものに感じさせるという、人とつながる彼の独特な能力を伝えています。ほとんどの人々は、彼の特異な能力について話しました。彼の思いもよらない文章を読んだことのある人は、彼の、ユーモラスで、驚くほど控えめなその表現をよく知ったことでしょう。

 1907年8月にブラウンシー島で小さな男の子たちを集め、厳しいスケジュールを練りました ― もちろん、彼はすべてを屋外で行うべきことと確信していました。彼は自然の偉大な恋人であり、彼の周りの世界で、喜びを若者と共有しました。彼は、兵士の追跡、結索、動物の研究、鳥、植物、星の特定など、何千ものすばらしいことを知っていました。自然界を知り、感動し、彼が言っているようにそれらを見つめると、あなたの人生に、より多くのものが得られることでしょう。

 成功したジャンボリー、2つの世界大戦の暗黒時代、そして今日進行中の素晴らしいプロジェクト ― この書物の物語をお楽しみください。私の祖父を知り、スカウティングをこの世に巻き起こしたその人の、その生の足跡について学びます。しかしながら、私は、あなたに次のことを言い残すことができます。私の祖父は、スカウティングは、彼個人の運動ではないと言った最初の人でした。それは、これまでにこれに参加したことのある人と、若い人たちに光を当てる機会を与えるために多大な世話をしてくれた人々にあるものなのです。

 世界中で、そしてすべての人生で、価値観と人生についての肯定的な展望について、スカウティングを礎にしている人々がいます。もしあなたがまだその一人でないならば、あなたは知ることになります ― スカウトになるに、遅すぎることはありません。


  ロバート・ベーデン-パウエル
   ギルウェルのベーデン-パウエル、第3代男爵
   英国スカウト協会副総長

       Content
 Foreword                 6
 Introduction               8
 Baden-Powell: His life before Scouting  10

 Scouting for Boys            28
 Scouting: The world story        110
 Now and the future           146
 Appendices               168
 UK Scouting: A chronology 1907-2006   170
 Scouting around the world        186
 Index                  188
 Selected bibliography          192
 Acknowledgements            192
       目 次
 序 文                  6
 導 入                  8
 ベーデン-パウエル:
    スカウティング以前の彼の人生   10
 スカウティング フォア ボーイズ     28
 スカウティング:世界の物語       110
 現在と未来               146
 付 録                 168
 英国スカウティング:年表 1907-2006   170
 世界のスカウティング          186
 索 引                 188
 参考文献                192
 謝 辞                 192

〔“An Official History of Scouting”by The Scout Association (2006) より引用、2018.6.6 掲載〕



     私のB-Pスピリット研究
     @ ボーイスカウト運動についての諸考察 (2014.10.5)
     A スカウティング フォア ボーイズ に記された B-Pスピリット (2015.7.22)
     B 「隊長の手引」に記された B-Pスピリット (2015.8.14)
     C ローバーリング ツウ サクセス に記された B-Pスピリット (2015.8.15)
     D 「パトロール システム」に記されたフィリップスのスピリット (2015.9.26)
     E 進歩制度に託された B-Pスピリット (2015.10.14)
     F 信仰の奨励に託された B-Pスピリット (2015.10.12)
     G 野外活動に託された B-Pスピリット (2015.11.29)
     H スカウト運動に託した B-Pスピリット (2016.7.14)
     I “ちかい”と“おきて”に託した B-Pスピリット (2016.12.12)
     ◎ ベーデン-パウエルのラストメッセージ B-P's Last Message
     J ボーイスカウト研究 (1979.12.14)
     K ボーイスカウト実践記 (1980.4.28)
     L ボーイスカウト活動プログラムの紹介 (1998.6.20)
     M 《資料》B-Pの1926年の講演「ボーイスカウト・ガールガイド運動における宗教」
     N 《資料》1966年のチーフスカウトのアドバンスパーティーの勧告の序文
     O 《資料》ラズロ ナジ 著「REPORT ON WORLD SCOUTING」(1967) の序文
     P 《資料》「An Official History of Scouting」(The Scout Association, 2006) から



   参考までに
   An Official History of Scouting
   <https://www.bookdepository.com/Official-History-Scouting-Scout-Association/9780600613985>




メールフォーム
 差し支えなければご意見ご感想等をお送りください。
    
 返事ご希望の方はメールアドレスをご記入ください。
 メールアドレス:

    無料掲示板または掲示板レンタル  



An Official History of Scouting / スカウティング正史 アクセスカウンター SFN
このホームページは個人の責任で開設しております。掲載資料は引用の範囲で利用しているものであり、関連の個人・諸団体とは何の関係もありません。