FOREWORD of “REPORT ON WORLD SCOUTING”(1967) by LASZLO NAGY
―― ラズロ ナジ 著「世界スカウティング報告」(1967) の序文 ――


 1968年から1988年にかけて世界スカウト機構事務総長を務めた ラズロ ナジ が1967年に出版した「REPORT ON WORLD SCOUTING」の序文です。
 翻訳は私舟橋が行いました。誤訳や気になるところがありましたら、指摘してくださると嬉しいです。


REPORT
ON WORLD SCOUTING


BY
LASZLO NAGY



 Foreword

 A little over a year ago, when we showed a friend ― who is an expert of world repute on youth problems ― the provisional outline of the study of scouting (Appendix A), he exclaimed: "But that is a life-time project". He certainly was not wrong. To embark on a thoroughgoing study of scouting is like trying to empty a bottomless well; it should be untertaken in a systematic and permanent way by a specialist, with the help of many outside collaborators. Our first task therefore was to narrow the field of enquiry, whilst respecting the priorities and preferences of those who had inspired and were financing the study, as well as the limits set by the short time available and the budget which had been granted.


世界スカウティング報告



ラズロ ナジ 著



 序文

 一年と少し前、スカウティング調査の暫定的な概要(付録A)を示した時、青少年問題の世界的評論家である友人は叫びました。「しかしそれは生涯にわたるプロジェクトですよ」と。彼は確かに間違っていませんでした。スカウティングについての徹底的な研究に着手するということは、底なしの井戸を空にしようとするようなものです。それは、多くの外部の協力者の助けを借りて、専門家によって系統的かつ恒久的な方法でなされるべきものです。したがって、私たちの最初の課題は、研究資金を調達した人々のひらめきの嗜好の優先順位と付与された予算を考慮しながら、調査期間を短縮することでした。
 We then decided, in agreement with those concerned, to focus the study on world organization. Such a choice implied an unavoidable limitation: Our enquiry could be neither exhaustive nor rigorously scientific, as it was impossible to carry out an investigation in depth ― or even simple soundings ― at the level of the boys, when the latter are spread over 86 countiies. During the meeting of the World Committee, we therefore presented a slightly more detailed, but much reduced, plan of study (Appendix B). The materia1 impossibility of visiting all scout countries within the space of one year obliged us to work partly by means of questionnaire (Appendix C). We asked that these should be returned by 15 September 1966 at the latest, so that they could be analysed by an electronic computer. If the number of answers received wag satisfactory, and even surprisingly good (72 countries out of 86), the same cannot be said of their punctuality, for, despite repeated reminders, the deadline was not respected. By 15 September 1966 less than one-third of the questionnaires had been returned; and the remainder reached us "drop by drop" only. The last ones arrived in March 1967, although the report has to be submitted in both French and English, by 31 March. On the one hand, this obliged us to give up the idea of having the information electronically processed and, on the other, the "varying totals" of the answers whose number increased continuously had always to be taken into account. As the completed questionnaires arrived, they were used in treat the subjects which had not yet been analysed, but we were unable to reconsider the texts which we had already prepared in the light of these new answers.  私たちは、関係者と合意して、研究を、世界の(ボーイスカウトの)組織に関することに焦点を当てることにしました。この選択は避けられない制限を暗示していました。私たちの調査では、徹底的に調査することは不可能であり、または厳密には科学的でないかもしれません。86を超えるカウンティ(国の連盟)の、少年(隊スカウト)のレベルについては、― 単純な調査でも ― 調査を行うことが不可能でした。よって、世界委員会の会合では、若干詳細ではあるがはるかに削減された研究計画(付録B)を提示しました。1年以内にスカウトの諸国を訪れることができないものについては、アンケートによって部分的に補足することになりました(付録C)。私たちは、コンピュータ分析のため、遅くとも1966年9月15日までに、これらを返却するよう求めました。最終的に受け取った回答の数は満足できるものであり、驚くほど良いものでした(86中72か国)が、それらの厳守させる苦難についてはとても言い表せません。なぜなら、繰り返しの催促にもかかわらず、締め切りは尊重されなかったからです。1966年9月15日までに返されたアンケートは、3分の1以下でした。残りは「ドロップ・バイ・ドロップ」で達しさせました。最後のものは1967年3月に到着しましたが、報告書は3月31日までにフランス語と英語の両方で提出しなければなりません。一方で、これは、情報を電子的に処理するというアイデアを放棄させ、また、連続的に増加した回答の「さまざまな合計」に、常に考慮しなければならないことを強いました。完成したアンケートが到着した時、まだ分析されていない科目を扱うために使用されましたが、これらの新しい回答に照らしてすでに準備したテキストを再考することはできませんでした。
 These external factors are not, however, the only ones responsible for the imperfections of this report. The author, who was in a way "parachuted" into a field of investigation which calls for a profound theoretical knowledge and vast experience, could not hope, in the limited period of one year, to master so complicated a subject, to assimilate, collate and analyse all the information received. Furthermore, the compilation of the report called for translations from languages as varied as English, German, Arabic, Spanish, Flemish, Italian, Japanese, Persian and Portuguese.  しかし、これらの外部要因は、この報告書の不完全性の原因となっている唯一の要因ではありません。深い理論的知識と広大な経験を必要とする調査分野に「降下」していた著者は、1年という限られた期間に、受け取ったすべての情報から、複雑な主題を得、同化し、照合し、分析しなければなりません。さらに、報告書の編集では、英語、ドイツ語、アラビア語、スペイン語、フランダース語、イタリア語、日本語、ペルシャ語、ポルトガル語などの様々な言語の翻訳が求められました。
 The writing, translating and mimeographing of this report was truly a race against the clock which explains the many linguistic imperfections, particularly in the English version. The English language can take only with great difficulty certain expressions which, in others, are quite acceptable. The fact that English is not the mother tongue of the overwhelming majority of readers must be taken into account. We therefore beg those who are partial to subtleties and nuances of language to excuse us. Sometimes we have used rather hard and unusual expressions; this was done in order to drive a point home, to be more easily understood by foreigners, or simply because the search for the adequate euphemism would have caused delay. If the reader is slightly shocked, we would ask him not to judge too hastily or severely but to continue with his reading, even though the beginning of the report, which treats perhaps too theoretically the question of principle, is not quite to his taste. We should not like the reader to reject the whole just because of disagreement on one or two of its parts. The aim of this study is not to distribute comforting praise, but to draw attention to failures, even if this means that disagreeable statements have to be made.  このレポートの執筆、翻訳、そして印刷は、特に英語版において、多くの言語的不完全性の説明をするに、まさに時間との競争でした。英語は、他の言語で受け入れられている特定の表現をするには非常に難しい言語です。英語が読者の圧倒的多数の母国語ではないという事実を考慮する必要がありました。したがって、私たちの言い訳ですが、言語表現の微妙な部分については容赦いただけるよう読者に求めます。私たちは、時々、難しくて珍しい表現をむしろ使用しました。これは各国に持ち帰るにおいて、外国人がもっと理解しやすいように、あるいは単に適切な婉曲の表現が遅れたために行われました。読者がその表現に少し驚いた場合は、早急には判定をしないようにお願いするわけですが、あまりにも理論的に扱われている報告書のはじめは、彼の趣向にあまり合っていないかもしれません。私たちは、その部分の一つまたは二つの不一致のために、全体を拒否することのないよう、読者に望みます。この研究のねらいは、慰めの称賛を得るものではなく、不愉快な言葉を述べたものであったとしても、その難点に注意を向けることです。
 In this respect we feel a little like the traveller who, on the stroke of midnight, enters a compartment where all other travellers are comfortably installed for a pleasant journey, Chamfort wrote that "in France, those who put the fire to things are left in peace, whereas those who ring. the alarm are persecuted". We ask you, therefore, to try and be indulgent, and to bear in mind that the author of these lines, whom you may consider as an intruder, is not really one; he remembers with pride that his scouting life started thirty-six years ago.  この点で、私たちは、他の旅行者が快適な旅のために設置されている深夜の鐘の区画に入る(邪魔な)旅行者にちょうど似ていると感じます。シャンフォールは「フランスでは、平和な時に警鐘を鳴らす者は迫害される。」と書いています。ですから、そんな侵入者とみなされるかもしれないこの著者は、実際には一人ではないことに留意をお願いします。彼は、スカウト生活を36年前に始めたことを誇らしく思い出しています。
 A further few technical precisions: when, in this report, we talk of "association", it means a "national association". In those countries where the federative system is in operation, we have, on a given issue, often reported the opinion of the associations which compose the federation; but, from a statistical point of view, the questionnaire filled in by the federation was retained in order to avoid disproportions to the detriment of countries where there is only one association.  更なる少数の技術的精度 …この報告書では、「連盟」について言及するとき、「国の連盟」を意味しています。連邦制が運用されている国々では、連邦議会を構成する連盟の意見を所与の問題で報告しています。統計的な観点からは、連盟が一つしかない国に損害を与えることを避けるため、連邦が記入したアンケートを用いました。
 When we cite the opinion of an "executive", it means the answer given by one or the other of the executive commissioners at high level (including national commissioners), whilst in our statistical analyses, to avoid duplication, we only group the written answers given by the executive professionals of the World Bureau (five at Headquarters and three in regional offices).  私たちが「役員」の意見を引用するときは、統計分析では、重複を避けるため、高いレベルの(全国コミッショナーを含む)コミッショナーと、世界本部の幹部職員(本部は5名、地域事務所は3名)のいずれかの回答とします。
 The "personalities" ― in all, thirty-one of them ― are very experienced scouts, either voluntary or professional, as, for instance, former directors of the Bureau, former members of the World Committee, presidents and active members of regions and sub- committees, the leader of Gilwell Park, and other leading figures of the movement, even if they do not hold ― or no longer hold ― an official position. It is also in this group that we classified the opinions, given verbally or in a written form, of some educators, writers or sociologists, who do not have ― or no longer have ― formal ties with the movement, but continue to take an active interest in it.  「パーソナリティ」 ― 全員で31人 ― は、自発的または専門的ないずれかの非常に経験豊富なスカウトであり、例えば、前回の理事会の元理事、元世界委員会のメンバー、総長および地方議員、委員会、ギルウェルパークのリーダー、およびその他の運動の主要人物、また、このグループには、運動との正式な関係がない、あるいはもはや存在しない、教育者、作家、社会学者 ― たとえ彼らが公式の立場を取っていない、あるいはもはや保持していなくても ― の、書かれた意見、それに対する関心を分類しました。
 A special place has been accorded to the answers given by the present World Committee.  現在の世界委員会の回答には、特別な地位が与えられています。
 In accordance with our promise to exercise discretion, none of the names of personal respondents are mentioned. Furthermore, as this report is for internal use and confidential in character, and as the readers for whom it is intended have a great many calls on their time, the author felt justified in simplifying to the utmost the heavy reference-apparatus which would have overburdened the report and made its reading no light task. May we express our warmest thanks to all those whose ideas, whether given in the course of conversation or in a written form, have again been referred to here.  裁量権を行使するという私たちの約束に従って、個人的な回答者の名前はまったく公表していません。更にこの報告書は、内部使用と機密性のため、意図して読者の多くに呼びかけをしていたため、著者は過重な参照表を極力簡素化して、報告書を読む負担の軽減を図りました。私たちは、再度、会話の形で寄せられたもの、書面で寄せられたもの、ここに言及されたアイデアを持つすべての人に、最も温かい感謝の念を表明いたします。
 We also owe a great debt of gratitude to Miss C.L. Jaendet, upon whom fell the arduous duties of codifying and analysing questionnaires which arrived so irregularly. Miss Cuendet carried out her task with intelligence and precision.  不規則に到着したアンケートをコード化して分析するという厳しい仕事をなされたC.L.Jaendet夫人に感謝を表明します。Cuendet夫人は、知性と精度で仕事をされました。
 The preparation of this report could not have been undertaken without the great competence, devotion and patience of the first collaborator in this enquiry, namely, Mrs. M.J. Coman who, furthermore, during the author's frequent absence on various travels, assured the continuation of the work.  この報告書の作成は、この調査の最初の共同研究者の、偉大な能力、献身、そして忍耐がなければ実施できませんでした。更に、M.J.Coman夫人は、著者の旅行で頻繁な不在の間、作業を進めてくださいました。
 Finally, we express our gratitutde to the various international, national and intergovernmental organisations, to youth movements and associations at all levels and, last but not least, to the numerous scout associations which gave us help of inestimable value. Some scout leaders showed themselves particularly well-disposed towards this study. The constantly advised, encouraged and enlightened us. May these "always ready" friends find in these pages ― imperfect though they may be ― a contribution which may not be too unworthy of their generosity and of their faith!  最後に、さまざまな国際機関、国家機関、政府間組織、あらゆるレベルの若者の運動や団体、そして計り知れない支援をくださった数々のスカウトの連盟に、感謝を表明します。何人かのスカウト指導者は、この調査に向けて、特に優れた立場を示されました。私たちは、常に、アドバイス、励まし、啓発を受けました。これらの頁 ― 不完全であるかもしれませんが ― によって、「常に準備ができている」これらの友人たちに、彼らの寛大さと信仰により、ほんの小さなものかもしれないですが、貢献できますように!

            Table of Contents

 Foreword                           5
 Introduction                         8
 I.  Problems concerning basic principles         15
    1. The many origins of scouting            16
    2. Scouting and religion               20
    3. Scouting and politics               28
       a. Nature and intensity of politisation
       b. Is avoidance of any political
        influences possible or desirable?
       c. Advantages and disadvantages of the
        sponsorship system
       d. Scouting and the state
    4. For an opening                   39
 II.  Problems concerning the unity of the movement     41
    1. Policy of recognition               42
       a. Non-recognized associations
       b. Dissident associations
       c. Associations of refugees and
        associations in exile
    2. The "Hallmarks of Scouting"            50
       a. Law and Promise
       b. The patrol system
       c. Camping
       d. The game
       e. self-education
       f. Training and programme
       g. Symbolism
       h. Unity, Uniformity, Universality        59
 III. Problems of organisation at world level        65
    1. Three major imperfections             65
       a. Lack of communications
       b. Insufficient professionalism
       c. Weak coordination
    2. World conference                  75
    3. World committee                  79
    4. World Bureau                    87
       a. Definition, role and task of the Bureau
       b. The Director
       c. Location of the Bureau
       d. Finances
 IV.  Towards a revolution in quality            105
 V.  Appendices                      109
    A. Plan of investigation into the Scouting Bureau   111
    B. Text of communication to the World Committee    115
    C. Questionnaire                   123
    D. Statement of Principle               135
    E. The open youth movement: the V.V.K.S. vocation?  137
    F. Statistical analysis                145
    G. Cost of air travel                 185
       a. Committee meeting
       b. Conference meeting
    H. Summary of procedure as to recognition and     189
      registration of national scout organizations
    K. Report on Polish Scouting             191
    O. Scouting in exile and the future of the      207
      World Scout Movement
    Summary                        223
 
           目  次
 
 序 文                       5
 導 入                       8
 T. 基本原則に関する諸問題            15
   1. スカウティングの多くの起源        16
   2. スカウティングと宗教           20
   3. スカウティングと政治           28
      a. 政治の性質と強さ
      b. 政治的影響の回避は可能か
        またそれは望ましいことか?
      c. スポンサーシップ制度の利点と欠点
 
      d. スカウティングと国家
   4. 展開のために               39
 U. 運動の一体性に関する諸問題          41
   1. 承認の方針                42
      a. 承認されなかった団体
      b. 意見を異にする団体
      c. 難民となった団体と
        追放された団体
   2. 「スカウティングの特徴」         50
      a. ちかいとおきて
      b. パトロールシステム
      c. キャンプ
      d. ゲーム
      e. 自己学習
      f. 訓練とプログラム
      g. 象徴主義
      h. 団結、統一、普遍          59
 V. 世界レベルにおける組織の諸問題        65
   1. 三つの主要な不備             65
      a. コミュニケーションの欠如
      b. 不十分なプロ意識
      c. 脆弱なつながり
   2. 世界会議                 75
   3. 世界委員会                79
   4. 世界事務局                87
      a. 事務局の定義、役割および任務
      b. ディレクター
      c. 事務局の所在地
      d. 財務
 W. 質の大変革に向けて              105
 X. 付 録                    109
   A. スカウト活動事務局に対する調査計画    111
   B. 世界委員会への伝達文書          115
   C. 調査票                  123
   D. 原則の言明                135
   E. 開かれた若者運動:V.V.K.S.の使命?    137
   F. 統計分析                 145
   G. 航空運賃                 185
      a. 委員会会議
      b. 評議会会議
   H. 各国スカウト組織の認定及び
     登録手続の概要              189
   K. ポーランドのスカウト活動に関する報告書  191
   O. 追放されたスカウト活動と
     世界スカウト運動の未来          207
   要 約                    223

〔“REPORT ON WORLD SCOUTING”by LASZLO NAGY (1967) より引用、2017.10.29 掲載〕



     私のB-Pスピリット研究
     @ ボーイスカウト運動についての諸考察 (2014.10.5)
     A スカウティング フォア ボーイズ に記された B-Pスピリット (2015.7.22)
     B 「隊長の手引」に記された B-Pスピリット (2015.8.14)
     C ローバーリング ツウ サクセス に記された B-Pスピリット (2015.8.15)
     D 「パトロール システム」に記されたフィリップスのスピリット (2015.9.26)
     E 進歩制度に託された B-Pスピリット (2015.10.14)
     F 信仰の奨励に託された B-Pスピリット (2015.10.12)
     G 野外活動に託された B-Pスピリット (2015.11.29)
     H スカウト運動に託した B-Pスピリット (2016.7.14)
     I “ちかい”と“おきて”に託した B-Pスピリット (2016.12.12)
     ◎ ベーデン-パウエルのラストメッセージ B-P's Last Message
     J ボーイスカウト研究 (1979.12.14)
     K ボーイスカウト実践記 (1980.4.28)
     L ボーイスカウト活動プログラムの紹介 (1998.6.20)
     M 《資料》B-Pの1926年の講演「ボーイスカウト・ガールガイド運動における宗教」
     N 《資料》1966年のチーフスカウトのアドバンスパーティーの勧告の序文
     O 《資料》ラズロ ナジ 著「REPORT ON WORLD SCOUTING」(1967) の序文
     P 《資料》「An Official History of Scouting」(The Scout Association, 2006) から



   参考までに
   ラズロ・ナジ - Wikipedia
   <https://ja.wikipedia.org/wiki/ラズロ・ナジ>




メールフォーム
 差し支えなければご意見ご感想等をお送りください。
    
 返事ご希望の方はメールアドレスをご記入ください。
 メールアドレス:

    無料掲示板または掲示板レンタル  



REPORT ON WORLD SCOUTING アクセスカウンター SFL
このホームページは個人の責任で開設しております。掲載資料は引用の範囲で利用しているものであり、関連の個人・諸団体とは何の関係もありません。